本文へスキップ

福岡市中央区の泌尿器科クリニック。なごみ泌尿器科クリニックです。 スマートフォン版へ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.092-718-0753

〒810-0055 福岡市中央区黒門2-31 佐藤ビル2階

HOME泌尿器科の病気>前立腺がん

前立腺がん


前立腺がんは高齢男性に多い病気です。今後も高齢化、食生活の欧米化などから、増加すると予測されています。また、検診で発見された前立腺がんは早期である事が多いですが、尿の症状があって泌尿器科を受診された場合は、進行している事があります。このように前立腺がんは検診による早期発見が可能であり、それにより適切な治療ができます。
前立腺がんは、アメリカでは大変多く、男性のがんの中で「罹患数」は第1位、「死亡数」は肺がんに次いで第2位です。日本でも将来的には最も増加するがんの一つと考えられており、2020年には肺がんに次いで罹患数の第2位になると予測されています。

診断
スクリーニング検査(血清PSAの測定)→診断の確定(前立腺生検)→癌の広がりを診断(MRIやCT、骨シンチグラフィーなどの画像検査)、という流れになります。

治療
「根治的前立腺全摘除術(開腹手術・腹腔鏡手術)」、「放射線療法」、「内分泌療法(ホルモン療法)」など、さまざまな治療法があります。これらの治療を単独、あるいは、組み合わせて行います。治療法を決めるのに重要な要素としては、患者さんの年齢、全身状態、合併症の有無、がんの進展度(病期)やタイプ(悪性度)などがありますので、これらをよく見極め、患者さんやご家族ともよく相談しながら、治療方針を立てていきます。



(よくあるご質問)
Q:前立腺がんと診断されましたが、前立腺がんの進行は早いのですか?
A:一般的に前立腺がんの進行はそれほど早くありませんが、進行が早いタイプの前立腺がんもあります。早期発見、早期治療が重要です。


Q: 前立腺がん検診でPSAが高値でした。私は前立腺がんですか?
A: 前立腺がんの最終診断は組織検査(生検)によってなされますが、PSAは前立腺肥大症や前立腺炎などでも高くなることあります。不必要な生検を避けるためにも専門の医師にご相談ください。



泌尿器科の病気へ戻る

診療案内へ戻る

NAGOMI CLINICなごみ泌尿器科クリニック

〒810-0055
福岡市中央区黒門2-31 佐藤ビル2階
TEL 092-718-0753
FAX 092-718-0754


携帯電話でもご覧いただけます

http://www.nagomic.com