本文へスキップ

福岡市中央区の泌尿器科クリニック。なごみ泌尿器科クリニックです。 スマートフォン版へ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.092-718-0753

〒810-0055 福岡市中央区黒門2-31 佐藤ビル2階

HOME泌尿器科の病気>過活動膀胱

過活動膀胱


膀胱が勝手に縮んだり、過敏な動きをするために、オシッコが十分にたまっていないうちに突然オシッコをしたくなり、がまん出来なくなる病気です。過活動膀胱には尿意切迫感(突然オシッコに行きたくなり、がまんする事が難しい症状)が必ずあります。普通は昼間頻尿(日中8回以上)や夜間頻尿(夜中1回以上)を伴いますが、切迫性尿失禁は無い事もあります。40歳以上の人の12.4%、特に70歳代では5人に1人、80歳以上では3人に1人以上が過活動膀胱をもっていると言われています。
原因としては前立腺肥大症、子宮・膀胱・尿道などを支えている骨盤底筋が弱くなる事、神経の異常(脳卒中や背中の神経の病気)などが考えられています。しかし過活動膀胱の多くは原因が特定できません。

診断
質問表(過活動膀胱症状スコア:OABSS)を中心に行います。しかし過活動膀胱と同様な症状を示す病気(膀胱がん・前立腺がん・膀胱結石・膀胱炎など)を見逃してはいけません。重大な病気がない事を、尿検査、血液検査、エコー検査、レントゲン検査、膀胱鏡検査などで確認します。
過活動膀胱症状質問票(OABSS)のダウンロード

治療
飲み薬が一般的ですが、干渉低周波治療も有効です。その他、骨盤底筋を強くする体操、少しずつオシッコの間隔を延長する膀胱訓練などがあります。また、前立腺肥大症など、原因となっている病気があればその治療を行います。




(よくあるご質問)
Q:私も過活動膀胱の症状がありますが、ひどくないので放っておいて良いですか?
A:膀胱がんや前立腺がんなど、見逃せない病気が潜んでいる可能性がありますので、専門医への受診をお勧めします。

Q:過活動膀胱に対し手術が必要になる事はありますか?
A:前立腺肥大症が原因となっている場合は手術が必要となるケースがあります。しかし過活動膀胱の治療の中心は飲み薬です。

Q:トイレはがまんした方が良いですか?
A:過活動膀胱の治療として、排尿をがまんし、少しずつ排尿間隔を延長させる方法(膀胱訓練)があります。しかし、がまんする事により症状が悪化するケースもありますので、専門医の指示のもとに行う方が無難です。



泌尿器科の病気へ戻る
診療案内へ戻る

NAGOMI CLINICなごみ泌尿器科クリニック

〒810-0055
福岡市中央区黒門2-31 佐藤ビル2階
TEL 092-718-0753
FAX 092-718-0754


携帯電話でもご覧いただけます

http://www.nagomic.com